家庭用脱毛器で脱毛料金を節約しよう!人気家庭用脱毛器ケノンに注目

「全身脱毛を始めたいけれどお金がない」というあなた。毎日のようにカミソリで剃る、毛抜きで抜く、除毛クリームを使うなどしていませんか?確かに、自分でムダ毛の処理をすれば少しのお金で済むので節約にはありますよね。

ただ、ムダ毛の自己処理はとても短いスパンで繰りかえすことになります。仕事などで時間が取れないときが続くと脱毛したいと思うこともあるはず。また、自己処理を続けることで肌トラブルを引き起こすことも少なくありません。脱毛をすることで、自己処理の必要がなくなるので美肌効果も得られますよ。

お金がないけれど脱毛をしたい方に、今注目されているのが家庭用脱毛器ケノンです。愛用者の多いケノンを使うとどのように脱毛料金を安く済ませられるのかをお伝えします。

created by Rinker
¥69,800(2019/07/18 14:34:44時点 楽天市場調べ-詳細)

全身脱毛は総額いくらくらいかかるの?

全身脱毛の総額は、脱毛方法などでも異なりますが30~50万円程度は必要になることが多いです。比較的安価で通いやすい光脱毛を受けられる脱毛サロンの場合は20~30万円程度で行えます。医師が脱毛を施す医療クリニックでのレーザー脱毛だと、30~50万円程度はかかると考えておきましょう。

また、脱毛完了までに必要な回数は光脱毛で12~18回、レーザー脱毛だと6~8回を目安にしています。下記の金額表は、全身脱毛完了までに最低でも必要な回数のコースです。

【脱毛サロンの参考金額】

脱毛サロン名コース名回数金額
銀座カラー全身22カ所脱毛し放題&顔2カ所 各12回回数無制限
顔のみ12回
月額10.000円
総額290,050円
キレイモスリムアップ美容全身脱毛 パックプラン顔を含む全身12回212,040円

【医療クリニックの参考金額】

医療クリニック名コース名回数金額
湘南美容クリニックパーフェクト全身コース6回コース348,000円
月額9,456円(60回払い)
アリシアクリニックVIO月全身脱毛スピード完了プラン8回または脱毛し放題・8回 455,880円 月額9,100円(60回払い)
・脱毛し放題 574,400円 月額11,600円(60回払い)
リゼクリニック全身脱毛+VIO+顔5回コース月額17,500円
総額397,000円

このように、脱毛サロンや医療クリニックごとに金額はだいぶ異なります。もちろん分割払いにすれば、脱毛の支出を月1万円程度に収めることは可能です。ただ、支払い総額は変わらず高額の契約を交わすことに違いはありません。そのため、今後数年続く支払いに不安が残る方もいるのではないでしょうか?

正直、この脱毛料金の高さから「お金がないから全身脱毛なんて無理! 」と諦めている方も少なくありません。

脱毛料金を節約するなら家庭用脱毛器「ケノン」を使おう

家庭用脱毛器であるケノンは、脱毛サロンで広く使用されているIPL脱毛と同じ仕組みです。家庭用なので照射パワーは弱くなりますが、同じ脱毛効果が期待できます。

ケノンの金額は公式HPから購入すれば、送料・税込みで69,800円です。ケノンと脱毛サロン総額の差額は14~22万円、医療クリニックだと28~50万円にまで及びます。これだけ差額があれば、脱毛以外のことにお金を回せるのではないでしょうか?

支払いはクレジットカード、もしくはショッピングローン分割を利用すれば分割払いが可能です。

 

 

(出典:ケノン公式HP「お支払方法について」より

分割払いを利用すれば月々の負担も少なく済みます。また、高額を1度で出費することが防げるので、大きなお金が急に必要になっても安心です。ぜひ利用しましょう。

このように、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛に通うことを比べると、とても安く脱毛を始められることが分かります。さらに、1度本体を購入すればカートリッジだけ変えればずっと使用できるので、満足するまで脱毛可能です。

ケノンのカートリッジは、照射レベル1で使用すれば100万発、最大レベル10でも30万発も照射ができます。

 

(出典:ケノン公式HPより

全身脱毛を1回におけるショット数は約600ショットです。脱毛完了まで12回かかるとすると600ショット×12回=7,200ショット。18回かかると600ショット×18回=10,800回となります。このことから、ケノン1つとカートリッジ1つで十分に全身脱毛ができることが一目瞭然ですね。

ケノンをおすすめしたいのはこんな人

ケノンをおすすめしたいのはこのような人たちです。

  • 少しでも安く全身脱毛を行いたい人
  • 全身脱毛したいけれどお金がない人
  • 仕事などで脱毛に通う時間がない人
  • 自己処理によって肌トラブルを引き起こしている人

このような希望があるなら、ケノンの脱毛がぴったりですよ。ケノンは顔から足の指まで全身の脱毛ができます。デリケートゾーンであるVIO脱毛も粘膜を避ければ照射可能です。金額も69,800円と脱毛に通うよりとても安く購入できるのでお金がなくても全身脱毛ができます。

なかには、カミソリなどによる自己処理を繰り返していることで肌トラブルを引き起こしている方もいるのではないでしょうか?自己処理は、想像よりも肌への負担が大きいので毛嚢炎・埋没毛・炎症などの肌トラブルの原因の1つです。脱毛をして自己処理を止めることで肌トラブルは改善されます。

忙しい方は、時間を気にすることなく脱毛ができるのは魅力的ですよね。予約を入れる必要もないので、空いている時間を有効活用しましょう。

他にも、脱毛サロンなどに通うと何かしら勧誘されることが珍しくありません。ケノンで脱毛を始めるなら、勧誘を断るという煩わしさや憂鬱さからも解放されます。なかなか勧誘を断れないという方は自宅で脱毛すれば安心です。

IPLはどうして脱毛できるの?

IPLはメラニン色素に反応します。つまり、黒いものに対して反応してダメージを与えるということ。虫眼鏡と日光を組み合わせると黒い紙が燃えるような感覚と思ってください。

IPLを照射すると、黒いムダ毛に反応して毛根まで光が届きます。IPLが毛根にある毛乳頭と呼ばれる毛の成長器官にダメージを与えることで、毛が成長できなくなり脱毛効果が発揮できるのです。

IPLの照射は、毛の成長サイクル毛周期に合わせなければ脱毛効果を得られません。毛周期とは、成長期→退行期→休止期と3つの毛の生まれ変わりサイクルです。このなかの「成長期」の毛が照射のターゲット。成長期の毛に照射すると毛乳頭にダメージを与えられ、脱毛効果が得られます。

成長期の毛は、目で見えている毛の20%程度しかないので繰り返し照射をしなければなりません。一定期間空けて照射すると、異なる成長期の毛にダメージを与えられるからです。脱毛サロンのIPLは照射パワーが高めなので、肌の負担を考えると2カ月置きくらいがベストとされています。

1つ注意したいのは、IPL脱毛は永久脱毛ではないということ。IPL脱毛を含む光脱毛は不再生脱毛・抑毛までしかできません。しかし、光脱毛を繰り返すことで毛の生えてこない状態までお手入れはできます。安心してIPL脱毛を行いましょう。

ケノンは美肌効果も得られる

ケノンには、美顔専用のカートリッジを使用した「美顔スキンケアモード」があります。美肌効果も得られるので、脱毛料金だけではなくフェイシャルエステ代も節約ができるんです。

(出典:ケノン公式HPより「美顔スキンケアモード」について

IPL脱毛に使用されているIPLは、医療クリニックや皮膚科などで行われているフォトフェイシャルと同じ光です。

フォトフェイシャルは、顔にIPLを照射することでシミ・しわ・くすみ・ニキビ跡などの肌トラブルを改善に導きます。インテンスパルスライトを照射することで

  • 肌細胞の活性化
  • 肌の新陳代謝促進
  • コラーゲンを作る
  • 細胞を活性化
  • 皮脂バランスを整える
  • 毛穴を引き締める

などの効果が期待できます。

脱毛だけではなく、フォトフェイシャルまでできるのは節約を考えている女性にとって嬉しいことですね。最後に、ケノンが節約できるのはお金だけはありません。あなたの大切な時間の節約にも繋がります。

好きなときに脱毛できるケノンなら時間の節約にもなる!

ケノンは、家でいつでも好きな時間に脱毛ができ時間の節約にもなります。例えば、脱毛サロンに通うことをイメージしてみましょう。

カウンセリングに行く→予約を取る→脱毛サロンまで足を運ぶ→90~120分かけて全身脱毛を施す→次回の予約を取る→帰宅

脱毛サロンに通うためには、このような工程を踏むことになります。予約に関しても、なかなか希望通りに取れずに半年先まで通えないということも珍しくありません。これではいつになったら全身脱毛が終わるか分かりませんよね。

また、順調に予約を取れたとしても2カ月に1回のペースで12回、つまり約2年間通うことになります。このことが負担になり、途中で行かなくなることから有効期限が切れてしまうということも珍しくありません。

仕事をしているなど、脱毛の予定が組めないならケノンでの脱毛が1番効率が良いです。帰宅後テレビを観ながら照射、寝る前に照射、お風呂上りに照射などいつでもお手入れできるからです。全身を1回で終わらせる必要もないので、今日は脇だけ、脚だけなど部位も自分で決めてお手入れできます。

脱毛完了までもスピーディー!

ケノンによる定期的な脱毛を行えば、早い方で半年~1年間で全身脱毛を終わらせることが可能です。脱毛完了までは12~18回の照射が必要となり、脱毛サロンの2カ月置きのペースだと2~3年間は通うことになります。

一方でケノンならば、2週間置きのペースで照射ができるので、半年~1年間で脱毛が終わるのです。ケノンは、家庭用脱毛器なので照射レベルは低めです。そのため、脱毛サロンよりも1回の照射による肌への負担が少なく済みます。肌の負担が少ないので2週間に1回のペースでの照射が可能となり、ケノンもこのペースを推奨。

(出典:ケノン公式HPより

全身脱毛がこんなに短期間で、なおかつ自宅で完了できるのはとても魅力的に感じますね。

まとめ

脱毛に通いたいと思っていても、金銭的な問題で躊躇しているという方も多くいます。いくら脱毛が安くなったと言っても、やはり総額は30万円近くかかるので負担は大きいです。

家庭用脱毛器でありながら、しっかりと脱毛効果を得られると愛用者の多いケノン。節約を考えながら脱毛を行いたい方にはぴったりの手段です。

  • 脱毛料金の節約
  • 自宅でもしっかりとした脱毛効果
  • 美顔ケアでフェイシャル代の節約
  • 時間の節約

これら4つの希望が叶えられるのはケノンだけ。ぜひ全身脱毛を検討している方はケノンも候補に入れてみてくださいね。

created by Rinker
¥69,800(2019/07/18 14:34:44時点 楽天市場調べ-詳細)

 

広告
ke-non_eyecatch
最新情報をチェックしよう!