【保存版】学資保険とは何かをわかりやすく解説!知っておきたい3つのポイント

学資保険について自分で調べたけれど、こんな疑問が浮かんで困っていませんか?
「いまいちよくわからない・・・。」
「そもそも加入する必要がある?メリット・デメリットは?」

今回は、学資保険の検討を始めた方のために、学資保険の仕組みやメリット・デメリット、選ぶときのポイントをとにかくわかりやすく解説します。

学資保険とは

まず、学資保険とは何か?という最初の一歩から解説していきます。

学費を貯めるための保険

学資保険は基本的に子どもの学費を貯めることを目的に加入する保険です。
一般的には、親が契約者となり、子どもを保険の対象(被保険者)として加入します。

契約の内容に基づいて、保険料を支払い、満期時や子どもの進学時など決められたタイミングにお祝い金等を受け取る仕組みです。

学資保険の保障内容

学資保険の主な保障について2つの面から解説します。

①学費を貯める

学資保険の加入者が求める一番の保障は「学費を貯める」ことではないでしょうか。

これまでは、最もお金がかかる大学入学時に満期金が受け取れるプランが主流でした。

最近は、小中高の進学時や大学入学以降など、数回に分けて受け取れるものもあります。

②契約者(親など)に万が一のことが起きた時の保障

多くの学資保険に「保険料払込免除特約」というような名称で特約(オプション)として付いている保障です。

保険料を支払っている期間に、契約者(親など)が亡くなるなどの万が一の事態が起きた場合、それ以降の保険料の支払いが免除されます。

保険料が免除となる理由の範囲は「死亡時」や「ガンなどの病気で働けなくなった時」など、保険会社によって違いがあります。
実際に加入する時に、必ず確認してください。

また、商品によっては子どもの入院に関する保障や育英年金(*)の保障を付けられるものもあります。

*育英年金
保険料を支払っている期間に親が亡くなった場合に、満期までの間所定の年金が支払われるものです。

学資保険に加入するメリット

次に、学資保険に加入することでどんなメリットがあるのか解説します。
メリットは大きくみて3つあります。

  1. お金を堅実に貯めることができる
  2. 返戻率が100%以上の保険がある
  3. 節税効果がある

メリット①お金を堅実に貯めることができる

学資保険のメリットは、お金を堅実に貯められることです。
学資保険に加入すると、毎月または決まった時期に保険料を支払うことになります。

保険料を支払い続けていれば、確実に積み立てられていき、まとまった金額を学費として準備することができます。

また、先ほど紹介したように、契約者に万が一のことがあったときの保障がある点も安心感がありますね。

メリット②返戻率が100%以上の保険がある

学資保険を検討していると、「返戻率」という言葉がよく出てきます。
「返戻率」は、支払った保険料総額に対して、将来に受け取る金額の割合のことを指します。

この返戻率が高いほど、払い込み金額の総額がおさえられます。
また、商品やプランによって返戻率には違いがあります。

返戻率の高いものに加入すれば、効率よく学費を貯めることにつながります。
しかし、近年はマイナス金利政策の影響で標準金利が低下し、返戻率の高い学資保険はほぼなくなっているのが現状です。

メリット③節税効果がある

学資保険は、生命保険料控除の対象になります。
年末調整や確定申告の手続きをすることで、所得税と住民税について税金の控除を受けられることがあり、節税効果が期待できます。

ただし、生命保険料控除の金額には上限がありますので、他にも契約がある場合は学資保険の契約分が控除の対象にならないこともあります。

学資保険に加入するデメリット

学資保険を理解するうえで、デメリットを知ることも重要です。
ここからは、学資保険に加入することでどんなデメリットがあるのか解説します。
大きなデメリットは3つあります。

  1. 自分の意志でお金を自由に動かせない
  2. 元本割れのリスクがある
  3. インフレに対応できない

デメリット①自分の意志でお金を自由に動かせない

学資保険は貯蓄と同様に考えてしまいがちですが、大きく違う点があります。

それは、積み立てるお金を、自分の意志で自由に動かせるかどうかということです。

貯蓄で学費を備える場合、自力で計画的に貯めていく必要があります。
一方で、一時的にお金が必要になった時は引き出して使い、来月は多めに貯蓄に回すというように柔軟に調整することができます。

学資保険で学費を備える場合、保険料として長期間決まった額を支払う必要があります。
保険料は保険会社に払い込みますので、自分の意志では自由に動かすことができません。

家計の状況に関わらず、保険料が固定化し、自由に資金を出し引きできない点はデメリットといえます。

デメリット②元本割れのリスクがある

先ほど、返戻率についてお伝えしました。
返戻率が100%を超えるものもありますが、100%を下回る商品やプランもあります。

保障の手厚さを重視している商品や特約をたくさん付けたプランでは、その分保険料が高くなり、結果として返戻率が低くなる傾向にあります。

加入する際は自分のプランが元本割れにならないかチェックをしましょう。

デメリット③インフレに対応できない

学資保険は加入した時点で、将来受け取る金額が確定します。
受け取れる金額と時期が、加入した時点でわかるので計画が立てやすいともいえます。

しかし、加入後に景気の変動によってインフレが起き、物価が上がって学費が予定よりも高額になっても、学資保険はその変動に対応することはできません。

そうなると、学資保険で備えた分の学費が不足する可能性が考えられます。

学資保険のメリットとデメリットをしっかり解説!おすすめの学資保険TOP3を紹介

学資保険の加入をおすすめしたい人

学資保険に加入した方が良いのではないか、という人の特徴を、プロ目線で解説します。
ご自身はどうなのか、考えながら読み進めてみてください。

貯蓄が苦手な人

学資保険の保険料として支払うことで、学費を貯めることについてある程度の強制力が生まれます。

長期に渡って、自分で計画的に貯蓄をすることに苦手意識がある人は、学資保険に加入を検討してみても良いでしょう。

子供が多くて教育費がかかる人

また、子だくさんな方も学資保険の検討をおすすめします。
貯蓄だけでまかなうよりも、子ども別に分けて半強制的・効率的にお金を貯めることが期待できます。

ある程度のまとまった金額を学資保険で備えておくことができれば、一番お金がかかる時期に大きな出費を緩和でき、家計への影響を抑えることができるのではないでしょうか。

学資保険に加入しなくても良い人

反対に、わざわざ学資保険に加入しなくても良い人の特徴をみていきます。

すでに学費が準備できている人

そもそも、保険は自力で備えることが難しい部分について加入するもの。

すでに学費として充分なお金が準備できている人は、わざわざ学資保険へ加入する必要ありません。

学資保険の保険料として出費を固定化するよりも、自由に動かせるお金として手元に持っておくほうがよいのではないでしょうか。

資産運用でお金を増やすことができる人

マイナス金利などの影響で、学資保険のメリットは少なくなっているものの、返戻率のなるべく高いプランを選べば、払い込み金額を抑えることは可能です。

しかし、余裕資金があり資産運用に慣れていて、運用によってお金を増やすことができる方は、学資保険より資産運用を優先したほうが、より効率的に学費を準備できるかもしれません。

【2019年最新】学資保険の加入は必要か?業界歴25年のベテランが伝えたい入るべき判断基準

学資保険に加入するときのポイント

次に、学資保険を検討し、選び始めたときに注意してほしいポイントを解説します。
ポイントは、3つあります。

  1. 返戻率を確認する
  2. 月々の保険料は無理のない金額にする
  3. いつお金が必要か確認する

返戻率を確認する

返戻率が高ければ、より効率的に学費を貯めることができます。

パンフレットのモデルケースの返戻率ではなく、自分が加入するプランの返戻率はどのくらいなのか、見積もりを出してもらい、必ずチェックしましょう。

【保存版】学資保険の返戻率を初心者へ解説!返戻率を簡単にアップする4つの方法

月々の保険料は無理のない金額にする

学資保険は保険料を最後まで払い込むことが前提です。
支払いが厳しくなり、途中解約すると元本割れを起こして損をすることがあります。

そのような事態を避けるためにも、家計に対して保険料の負担が重すぎないか、家族が増えるなど家庭事情が変わっても払い続けていけるかを考え、無理なく支払っていける保険料の設定をしましょう。

学資保険は月々いくら払ってる?平均額と家計にあわせた適正額を徹底解説!

いつお金が必要か確認する

小中高の進学時もお祝い金を受け取るか、大学入学時に一括で受け取るか、大学在学中の学費に充てたいのかなど、家庭によって希望はさまざまですよね。

また、保険会社によって保険金が支払われるタイミングが異なります。

自分の希望と、実際にお金を受け取れるタイミングが合っているかを忘れずに確認しておきましょう。

保険選びは専門家の意見を聞くのが1番の近道

学資保険の返戻率や選び方ついては、説明しきれないことがまだまだ沢山あります。

教育資金を貯めるという学資保険の本来の役割を果たすためには、やはり返戻率が高い商品を選ぶことが重要になりますが、保障を重視するのであれば必ずしも返戻率だけでは判断できないケースもあるでしょう。

何よりも大切なことは保険を選ぶ場合には、専門家の意見を聞くということです。

専門家へまずは相談することが、あなたに最適なプランがみつかる近道です。

相談は保険コネクトがおすすめ

hoken_toppage

専門家への無料相談や、保険会社の紹介には保険コネクトがおすすめ。

保険コネクトは保険商品を販売している機関ではありません。国内の保険販売窓口を比較しているサービスをしており、あなたに最適な保険のプロをご紹介できるのです。
そのため、しつこい勧誘などが禁止されていることも特徴。
最適な保険を探したいけど、よくわからない、保険の種類が多すぎて自分に合っているものがどれかがわからないなどという人にはぴったりなサイトです。

5年以上経験を積んだ経験豊かな保険スタッフが無料相談に乗ってくれますので、安心できます。
保険の掛け金を増やさずに保障内容はもっと充実させたいなどの改善事例が多数。
難しい要望でも保険コネクトに無料相談することで、実現できるかもしれません。相談は無料ですので、一度お問合せしてみてはいかがでしょうか。

相談は簡単

無料相談は簡単です。保険コネクトのwebサイトから現在の保険加入の有無や職業、生年月日、お客様情報など基本情報を入力すれば、保険のプロとつながることができます。学資保険のほかに、生命保険や、法人保険、相続相談など取り扱い商品は多岐にわたっています。

生命保険
死亡保障医療保障がん保障介護保険
積立保険一時払系保険学資保険個人年金保険
法人保険
生命保険損害保険
相続相談
相続相談

無料相談でもらえる!保険コネクトのキャンペーン

保険コネクトでは無料相談された相談者へのプレゼントキャンペーンを実施中です。
キャンペーンの条件は無料相談を申込み、保険のプランナーとの初回面談を実施して保険コネクト専用のアンケートに回答された方が対象です。

ただし、保険のプランナーが保険相談、見直しが目的ではなかったと判断した場合やキャンペーン目的などと判断した場合には、キャンペーンへの応募は無効となりますのでご注意ください。
その他詳しいキャンペーンの規定は保険コネクトのキャンペーンサイトをご覧ください。

まとめ

今回は、学資保険のメリット・デメリットや加入するときのチェックポイントを解説しました。

学資保険を含めて、保険はなるべく早めに検討するのがおすすめ!
契約者となる方の年齢が1歳でも若いほうが保険料を抑えられる商品も多いからです。

基礎知識を持っていれば、保険会社の担当者やファイナンシャルプランナーから説明を聞くときも、さらに理解しやすくなります。

本記事が少しでもお役に立ちましたらうれしいです!

hoken_landing

【関連記事】 【2019年最新】学資保険はいつから入るのがいい?最もお得な加入時期を保険営業レディが教えます
【関連記事】【2019年最新】学資保険の加入は必要か?業界歴25年のベテランが伝えたい入るべき判断基準
【関連記事】 【保存版】学資保険で税金控除が受けられる!控除額や申請方法を徹底解説
【関連記事】 学資保険の外貨建ては危険?メリット・デメリットと外貨建てができるおすすめ保険会社を紹介

【2019年最新版】学資保険のおすすめランキング!現役保険営業レディが厳選したベスト5社を発表します!
最新情報をチェックしよう!
     
広告