【保存版】学資保険の返戻率を初心者へ解説!返戻率を簡単にアップする4つの方法

  • 2019年9月11日
  • 保険
  • 1364view

教育資金を備える方法のひとつとして検討する方も多いのが「学資保険」ではないでしょうか。
調べてみると、たくさんの商品があって悩んでしまいますよね。

学資保険を選ぶポイントに「返戻率」があります。

しかし、単純に数字だけを見て商品を選ぶのは注意が必要です。
今回は、返戻率の仕組みや商品ごとの返戻率をシミュレーションとともに紹介します!

専門家への無料相談や保険会社の紹介には、数ある保険会社の商品を比較して紹介している保険コネクトがおすすめです。
hoken_landing

学資保険の返戻率って?

学資保険の返戻率とは、支払った保険料の総額に対する、受け取るお金の総額の割合をパーセントで表したものです。
その数字が100%を超えていれば、総支払保険料より満期で戻ってくるお金が多くなります。

返戻率の計算方法

学資保険の返戻率は、次の式で計算します。

学資保険の返戻率 = 受け取るお金の総額(※1) ÷ 支払った保険料の総額(※2)×100

※1お金を分割して受けとるタイプの商品の場合は、お祝い金や満期保険金もすべて合計します。
※2支払う保険料×支払い回数分の総額です。

同じ商品でも一時払い、年払い、月払いなどによって総額は変わります。

返戻率を決めるさまざまな要素

学資保険の返戻率は、保険料を支払う期間やお金をどのタイミングで受け取るかなどのさまざまな要素によって決まります。

お祝い金も返戻率が変わる要素になる

保険料を支払う期間が同じでも、満期として設定する年齢の違いやお祝い金などを受け取るタイミング(回数)が違う場合には、返戻率が変わってきます。

たとえば、18歳満期と21歳満期の場合では、21歳満期のほうが18歳満期より返戻率が1.9%高くなるものもあります。
また、大学入学時以外にもお祝い金等が受け取れるタイプの学資保険と受け取れないタイプの学資保険では、お祝い金が受け取れない学資保険のほうが、お祝い金を受け取れる学資保険より返戻率が0.8%高くなるものもあります。

このように、同一の商品であっても返戻率が異なる場合があります。

また、小、中、高への進学時にお祝い金を受け取れるタイプの学資保険で、それらのお金を受け取らずに保険会社に預けて据え置いておき、後から受け取れば、結果的に返戻率が高くなります。

保険料の支払期間

満期までの払込み期間や保障内容によっても返戻率が変わります。

たとえば、18歳満期の学資保険に加入して、同額の保険料を支払う場合で考えます。

契約時に一括で支払う場合と、10年かけて支払う場合では、総支払保険料の金額は違ってきます。

【2020年最新版】学資保険の返戻率ランキング!保険営業レディが選び方を解説

加入する前に返戻率のシミュレーションをしておこう!

「貯蓄性ができるだけ高い学資保険に入ろう!」
と考えて返戻率の高さだけで、加入しようとするのは、少し待ってください。
返戻率は貯蓄性をあらわす目安であることはお伝えしました。

しかし、見かけの返戻率の高さだけで、学資保険を選ぶのはおすすめしません

パンフレットを見比べて検討していると、返戻率の高さが大きくアピールされていることもあり、つい載っている数字を見て判断してしまいがちです。

実際の返戻率は、加入するときの子どもの年齢や保険料の支払い方法、満期までの期間など、さまざまな条件によって返戻率が変わります。

あくまでパンフレットでは、モデルケースをもとに返戻率が記載されていることが多いですので、パッと見たときの返戻率だけで学資保険を選ぶのはおすすめしません。

学資保険に加入する前には必ずシミュレーションをしましょう!
自分の希望する加入方法での返戻率を確認することが大切です。

学資保険の返戻率を上げる4つの方法

学資保険はパンフレット等で見る返戻率だけで選ぶべきではありません。


しかし、少しでも貯蓄性の高い商品で効率的に教育資金を準備することは間違いではありません。
そこで、学資保険の返戻率をアップするための4つの方法をご紹介します!

  1. なるべく早い時期に加入する
  2. 不要な特約などはなるべく付けない
  3. 保険料をまとめて支払う
  4. 短期払いにして返戻率を上げる

順番に詳しくみていきます。

方法1. なるべく早い時期に加入する

一般的に学資保険に加入できる年齢は、子どもが0歳から6歳までの未就学児に設定されています。その中でもなるべく早いタイミングに加入することで返戻率がアップします。
例外として、保険会社によっては「0歳から6歳までの未就学児」以外でも加入できます。

しかし、保障型学資保険では保障の分だけ保険料が上乗せされるため、支払った保険料の総額よりも受け取れる金額が低くなる場合があります。

また、貯蓄型でも、金利固定タイプでは元本は保証されますが、金利変動タイプでは元本保証はなく、状況によっては支払った保険料の総額よりも受け取れる金額が低くなる場合もあります。

少しでも契約期間が長いほうが、保険会社が運用できる期間も長くなり、返戻率のアップにつながるのです。

出産前(主に出産予定日の140日前)から申込みできる学資保険もあります。
返戻率をアップするという面でも、産後に比べて落ち着いて検討できるという面でも、早めに検討をスタートするのがよいでしょう。

学資保険は月々いくら払ってる?平均額と家計にあわせた適正額を徹底解説!

方法2. 不要な特約などはなるべく付けない

学資保険には主契約のほか、様々な特約を付けられます。

子どもが入院手術をしたときの医療保障など、つい付けておきたくなるかもしれません。
子どものために…と思う親心はわかりますが、学資保険以外の手段で備えましょう。
公的医療助成の一環として、一定年齢までの子供の医療費は実質無料としている自治体も多くあります。

返戻率の面からみると、特約を付加した場合、その分の保険料がかかるため、返戻率が低下してしまいます。
学資保険の目的を「教育資金の準備」と限定し、特約をなくして返戻率を高めるようにしたほうが良いです。

方法3. 保険料をまとめて支払う

学資保険の払込方法は、様々な選択肢があります。
商品によりますが、次の4種類があります。

  1. 月払い:保険料を毎月支払う
  2. 年払い:保険料を年に1回まとめて支払う。
  3. 一時払い:契約時に一括で保険料を支払い充当する。
  4. 全期前納:契約時に一括で保険料を支払うが、保険会社に保険料を預ける形式で、支払い時期が到来したら預けた保険料から充てられることになる。

できるだけ、まとめて支払う方法にすることで、割引が適用されて支払う保険料の総額を抑えることができます。

その結果、返戻率のアップにつながります。

【保存版】学資保険の一括払いがお得な理由を簡単シミュレーションで解説!

方法4. 短期払いにして返戻率を上げる

保険料を支払う期間を短くすることも返戻率アップにつながります。

同額の保険料であれば、10年で支払うよりも5年や一括で払い終わるほうが返戻率は高くなります。

しかし、支払い期間を短くすると、月々の保険料の金額は高くなります。

万が一、支払いが難しくなり、途中で解約することになれば支払った保険料より払い戻し金が少なくなってしまう「元本割れ」の可能性があります。
返戻率のアップだけにとらわれず、長い目で見てムリなく支払っていけることも考慮しましょう。

返戻率が最も高い保険会社はどこ?

では、実際に返戻率が100%以上を維持している下記3社の学資保険をみていきましょう。
契約者は男性30歳、子ども(被保険者)は0歳で計算しています。

  1. 明治安田生命
  2. ソニー生命
  3. フコク生命

なお一例ですので、加入の際は実際の返戻率を必ず確認してくださいね。

明治安田生命 つみたて学資

【プラン・特徴】

  • 18歳から21歳まで4回に分けて学資金を受け取るプランです。
  • 保険料の払込期間は15歳までとなっています。
  • 子どもが0~2歳の場合は保険料の払込期間10歳までも選択できます。
  • 条件(※)を満たした場合に高額割引が適用されます。
    ※保険料を加入時に一括払い+基準保険金額70万円以上
    ※月払いでも適用

【返戻率】

(満期は21歳となります。)


  • 学資金(総額)300万円、保険料一括払いとした場合は、返戻率109.0%
  • 学資金(総額)300万円、保険料10歳まで払込みとした場合、返戻率105.8%

ソニー生命の学資保険

【プラン・特徴】

  • ソニー生命の学資保険スクエアは、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型の3つのプランがあります。

  • プランの違いは学資金の受け取るタイミングの違いです。
    たとえば
    ・満期年齢が17歳、18歳、20歳、22歳の4通りある
    ・満期金とは別に進学学資金が受け取れ、受け取り時期も、中学から私立校を考えている方な ど、子供の進路に合わせて選択できる
  • 必ずライフプランナーと面談してプラン設計をする仕組みとなっています。
    (面談前の資料請求は可能です。また、オーダーメイドの提案が魅力です。)X

【返戻率】

Ⅲ型の場合
最も返戻率が高くなるのは、Ⅲ型(18歳から22歳まで5回に分けて学資金を受け取るタイプ)です。

  • 学資金(総額)300万円、保険料10年払い(月払い)とした場合、返戻率は107.2%です。
  • 学資金(総額)300万円、保険料10年払い(年払い)とした場合、返戻率は108.0%まで上がります。

Ⅱ型の場合

Ⅱ型は17歳または18歳でまとめて学資金を受け取るタイプです。
(20歳・22歳満期も設定可能です。)


  • 学資金(総額)300万円、保険料10年払い(月払い)、18歳満期とした場合、返戻率は104.8%
  • 学資金(総額)300万円、保険料10年払い(月払い)、22歳満期とした場合、返戻率は106.7%

ソニーの学資保険を徹底解剖!人気の理由と加入時のチェックポイントを保険営業マンが教えます

フコク生命の学資保険 みらいのつばさ

【プラン・特徴】

  • ステップ型と比べ、ジャンプ型は運用期間が長くなるため、返戻率がやや高くなるのが特徴です。幼稚園入園などの進学のタイミングごとにお祝い金が受け取れるステップ型と、大学進学時に重点を置いたジャンプ型に分かれます。
  • 保険料払込期間は11歳・14歳・17歳から選択できます。フコク生命だけ
・兄弟割引があります。(基準保険金額10万円あたり10円割引)

【返戻率】

※満期はどちらも22歳です。

  • (ステップ型)学資金(総額)200万円、保険料11歳まで払い込み(月払い)とした場合、返戻率は104.7%です。
  • (ジャンプ型)学資金(総額)200万円、保険料11歳まで払い込み(月払い)とした場合、返戻率は105.5%です。

保険選びは専門家の意見を聞くのが1番の近道

学資保険の返戻率や選び方ついて、この記事だけでは説明しきれないことが、まだまだたくさんあります。

教育資金を貯めるという学資保険の本来の役割を果たすためには、やはり返戻率が高い商品を選ぶことが重要になりますが、保障を重視するのであれば必ずしも返戻率だけでは判断できないケースもあるでしょう。

何よりも大切なことは保険の見直しや保険を選ぶ場合には、専門家の意見を聞くということです。

ネットから無料相談を受け付けている専門家へまずは相談することが、あなたに最適なプランがみつかるもっともはやい近道です。

相談は保険コネクトがおすすめ

hoken_toppage

専門家への無料相談や、保険会社の紹介には保険コネクトがおすすめ。

保険コネクトは保険商品を販売しているサイトではありません。数ある保険会社の商品を比較して紹介しているサイトです。最適な保険を探したいけど、よくわからない、保険の種類が多すぎて自分に合っているものがどれかがわからないなどという人にはぴったりなサイトです。

5年以上経験を積んだ経験豊かな保険スタッフが無料相談に乗ってくれますので、安心できます。保険の掛け金を増やさずに保障内容はもっと充実させたいなどの改善事例が多数。どんなわがままな要望でも保険コネクトに無料相談することで、実現できるかもしれません。相談は無料ですので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

相談は簡単

無料相談は簡単です。保険コネクトのwebサイトから現在の保険加入の有無や職業、生年月日など基本情報を入力するだけでおおよそ30秒で保険のプロとつながることができます。登録されている保険会社数は27社。生命保険や学資保険、法人保険や相続相談など取り扱い商品は多岐にわたっています。

生命保険
死亡保障医療保障ガン保険介護保険
積立保険一時払系保険学資保険個人年金保険
法人保険
生命保険損害保険
相続相談
相続相談全般

保険コネクトのキャンペーン

保険コネクトでは無料相談するだけで相談者全員にもれなくプレゼントキャンペーンを実施中です。キャンペーンの条件はwebサイトからの無料相談の実施もしくは、保険のプランナーとの面談を実施、保険コネクトのアンケートに回答するのいずれかを実施した方が対象です。

ただし、保険のプランナーが以下の判断をした場合には、キャンペーンへの応募は無効となりますのでご注意ください。

・面談に至らなかった全ての方。
・「保険相談、見直しが目的ではなかった」と、プランナーが判断した場合。
・「報酬目的の申込であった」と、プランナーもしくは保険コネクトが判断した場合。
・「十分なご面談時間(1~2時間)を頂けなかった場合や、きちんとした場所でのご面談がお  客様都合により実施できなかった」と、プランナーが判断した場合。」

その他詳しいキャンペーンの規定は保険コネクトのキャンペーンサイトをご覧ください。

まとめ

子どもには希望する進路を歩んでほしいもの。

それを応援するためには教育資金の備えが必要です。

そのために学資保険を検討するなら、返戻率の高いものに加入して効率的に備えておきたいですよね。

返戻率を高くするためには、保険料をまとめて短期間に払い込んだり、受け取り開始を18歳ではなく22歳に設定する必要があったりします。



学資保険を選ぶ際は返戻率の高さだけではなく、自分のライフプランにあっているかという点も重要です。

返戻率が高くても、必要なタイミングでお金が受け取れなかったり、家計に対する保険料の負担が重くて支払えなくなったりしては、せっかく学資保険に入っても意味がなくなってしまいます。


今回ご紹介した、返戻率の仕組みやアップさせる方法を参考にぜひ無理なく、納得いく方法で教育資金の備えをしてくださいね。

hoken_landing

【関連記事】ゆうちょの学資保険「はじめのかんぽ」!現役損保レディーが返戻率などの特徴を徹底解説!
【関連記事】 学資保険のメリットとデメリットをしっかり解説!おすすめの学資保険TOP3を紹介
【関連記事】 【2019年最新】学資保険の加入は必要か?業界歴25年のベテランが伝えたい入るべき判断基準
【関連記事】 【2019年最新】学資保険はいつから入るのがいい?最もお得な加入時期を保険営業レディが教えます

【保存版】学資保険の返戻率を初心者へ解説!返戻率を簡単にアップする4つの方法
最新情報をチェックしよう!
     
広告