ソニーの学資保険を徹底解剖!人気の理由と加入時のチェックポイントを保険営業マンが教えます

人気のある学資保険といえば、“ソニー生命の学資保険“

「そもそも学資保険ってどんなもの?」
「ソニー生命の学資保険ってどんな商品?なぜ人気なの?」

今回は、そんな疑問をお持ちの方のために、学資保険の特徴やソニー生命の学資保険が人気を集める理由を見ていきます!

学資保険とは?

まずは学資保険とは何か簡単に説明します。
もうすでにわかるよ!という方は、飛ばして読んでくださいね。

学資保険の特徴

学資保険は、子どもの進学時に必要になる教育資金を準備するための保険です。

学資保険の特徴は、その仕組みにあります。

保険期間中に契約者(一般的には両親のいずれか)に万一のことがあれば、以後の保険料の払込が免除されます。
一方で保障は継続され、満期を迎えたときには学資金が受け取れます。

学資保険の種類

学資保険には、2つの種類があります。

・貯蓄重視型
医療保障や死亡保障を最低限にして貯蓄性を重視するタイプです。
払込保険料の総額より、受け取る総額が多くなります。

・保障重視型
保険の対象である子どもの保障を厚くし、入院保障がついているものなどがあります。

それぞれの特徴について見てみましょう。

学資保険のメリット

学資保険に入るメリットをみていきます。

「教育資金」を強制的に準備できる。

自力で貯蓄をするのが苦手な方や教育資金を貯めるのが後回しになりそう…という方は
保険として頑張って支払うことで、確実に備えができます。

契約者(親)が亡くなった時保険料の支払が免除される。

親のいずれかが亡くなると家計への影響も大きいと予想されます。
そんなときに保障が継続し、支払が免除されることはとても助かりますね。

支払った総額より受け取る総額のほうが大きいこともある。

契約する内容や商品にもよりますが、返戻率の高いものに加入していればお金が増えて手元に戻ってきてくれます。

学資保険のデメリット

保険料が固定費として長期間必要になる

貯蓄性のある保険であっても、自力で調整が可能な貯蓄とは異なるもの。
長期間支払い続けることが家計の負担になることもあります。

中途解約すると元本割れの可能性がある

学資保険はあくまで長期加入が前提のため、途中で解約するとそれまでの支払った保険料より少ない額しか戻ってこない(元本割れ)の可能性が大きいです。

金利が低い時はあまり加入に向かないことがある。

現在のように低金利の状況では、あまり魅力を感じないという方もいると思います。
また、保険会社が破綻した場合、契約は継続できるよう保護する制度がありますが、等が減額されるおそれがあります。

ソニー生命の学資保険の特徴

次に、本題にうつります。
ソニー損保の学資保険の特徴について解説していきます。
大きな特徴は3つです。

  1. 貯蓄重視型の学資保険
  2. 3つのプランから選べる
  3. 保険料の払込免除制度がある

順番にみていきましょう。

貯蓄重視型の学資保険

学資保険に入る主な目的は、子どもが進学する際に必要な資金を、計画的に準備しておくことですよね。

ソニー生命の学資保険は、その目的を達成できるように貯蓄性を重視しています。

そのため満期学資金として受け取れる総額が、払込保険料の総額より多くなるように設計されているのです。

3つのプランから選べる

ソニー生命の学資保険は、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型の3つのプランから選ぶことができます。

たとえば、中学・高校から私立への進学を考えているならⅠ型、大学進学時のみ備えたいならⅡ型、大学進学後もかかる費用に備えたいならⅢ型など、様々なニーズを満たせるようにプランが用意されています。


保険料の払込免除制度がある

ソニー生命の学資保険では「保険料払込免除」の保障が基本保障に含まれます。
この制度があることで、契約者(親)が亡くなったり高度障害状態になったりした場合に保険料の支払が免除されます。

一方で、学資保険の保障は継続するので子どもの教育資金はきちんと受け取れるのです。

ソニー生命の学資保険の3つのプラン

先ほど、特徴としてお伝えした3つのプランについて詳しくみていきましょう。

I型

大学入学時に加えて、中学と高校入学時にも学資金を受け取れます。

満期は17歳・18歳もしくは21歳・22歳から選択できます。


中学校入学からかかる費用に備えたい方におすすめのプランです。

ただし、3つのプランの中で最も返戻率が低くなります。

II型

17歳・18歳の時の1回だけまたは17・18歳と、20・22歳の2回学資金を受け取ることができる、学資保険として最もオーソドックスなプランです。


大学入学時にかかる費用のみ備えたい方は、こちらのプランで17歳・18歳満期がおすすめです。


20・22歳満期の場合は、学資金を就活・卒業旅行・大学院進学にかかる費用などに活用できます。

3つのプランの中で2番目に返戻率が高くなります。

Ⅲ型

3つのプランの中で、最も返戻率が高くなるのがこのⅢ型のプランです。

Ⅲ型は大学入学の年から大学卒業の年まで毎年1回ずつ学資金が支払われます。


多くの方がイメージするとおり、大学入学の年に最もお金がかかります。

しかし、大学入学後も毎年の学費や生活費など出費は続きます。


大学の学費は上昇傾向にあることから、入学後にかかる費用の備えも考えなければいけません。

ソニー生命の学資保険のメリット

次にソニー生命の学資保険の5つのメリットを解説します。

  1. 返戻率が高い
  2. ライフプランナーに相談できる
  3. 大学進学前に確実に受け取れる
  4. 財務基盤が健全
  5. 保険料払込方法が選択できる

順番にみていきましょう。

返戻率が高い

ソニー生命の学資保険の返戻率は、2019年8月時点で104%~108%という高い水準で推移しています。

貯蓄性に重点を置き、手厚い保障がない代わりに非常にシンプルかつ確実に教育資金の備えができる商品となっているのです。

金融情勢や金利の影響から、元本割れを起こしている学資保険もあることを考えると、その貯蓄性が非常に大きな魅力だと言えます。

ライフプランナーに相談できる

ソニー生命の学資保険を検討する場合は、必ずライフプランナーと面談が必要です。
ライフプランナーはソニー生命に所属する、豊富な知識を持つ保険のプロです。

面談は無料で必ず加入を強制するものではないのでご安心ください。

希望を伝えることで最適なプランの提案を受けることができ、自宅や希望する場所での面談も対応しています。

妊娠中や小さいお子さんがいるなど、不慣れな場所への外出が難しい方は助かるかもしれません。

大学進学前に確実に受け取れる

一般的な18歳満期だけでなく「17歳満期」の設定が可能です。

18歳満期の場合、学資金の受け取り時期は18歳の誕生日より後になるため、早生まれの子やAO入試等で、早めにお金が必要なケースでは、準備が間に合わない!ということもあり得ます。


17歳満期であれば、そのようなケースでも学資金を確実受け取っておくことができるのであわてずに済みますね。

財務基盤が健全

いくら魅力的な商品でも、保険会社が破綻してしまっては元も子もありません。
ソニー生命は会社としても健全性を重視しており安心できます。

保険会社の支払余力を示す指標として、ソルベンシー・マージン比率があります。

これは、大震災や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対して、どれくらい余力を持っているかを判断するための行政監督上の指標のひとつです。

この指標の数値が200%を超えていることが健全性の目安となります。

2018年度のソニー生命のソルベンシー・マージン比率は2,590.5%となっており、財務面は健全であるといえます。

保険料払込方法が選択できる

ソニー生命の学資保険は、「月払」「半年払」「年払」から、払込方法を選べます。


保険料はまとめて払い込む方法のほうが、払込保険料総額が割安になります。

可能な限り、保険料はまとめて支払うようにすると良いです。

ソニー生命の学資保険のデメリット

次にソニー生命の学資保険の2つのメリットを解説します。

  1. 資料請求ができない
  2. ライフプランナーとの面談が必須

順番にみていきましょう。

資料請求ができない

ソニー生命では、ホームページ上からの紙媒体の資料請求を受け付けていません。
資料や見積もりのみを希望する場合でも、ライフプランナーとの面談をすることになります。

相談前に、じっくり資料を読みたい方にとってはデメリットと言えるかもしれません。

ライフプランナーとの面談が必須

学資保険の加入にあたり、何らかのアクションを起こす際はライフプランナーと面談することが必須になっています。

保険のプロにまず相談できることは心強いと感じる方もいらっしゃいますが、対面だと断りにくいと感じる方や、まだ加入の意思がそこまで強くないというケースではデメリットになってしまうと考えられます。

ソニー生命の学資保険の口コミ

次に、ソニー損保の学資保険を選んだ人の口コミを紹介します。
※参考:みんなの評判ランキング

良い口コミ

  • 他の学資保険は返戻率が100%を切っているものもある中で、100%を越えてが貰える。
  • 学校が上がる度に学資金が貰える点が魅力
  • インターネットのシミュレーションがわかりやすい。
  • 10歳で保険料支払を終えることができるのがよい。

やはり、返戻率の高さやの受け取りタイミング等の商品内容の魅力を評価する口コミが多く見受けられました。

悪い口コミ

  • ライフプランナーの当たり外れ
  • ライフプランナーがガツガツしていて面倒だと思った。

悪い口コミとしては、商品自体ではなく、面談が必須となっているプランナーと合わなかった、いやな印象だった等の内容が多いようでした。

ソニー生命の学資保険をシミュレーション

では、実際にソニー生命の学資保険をシミュレーションの一例を見てみましょう!

・契約者:男性(30歳)
・子ども:男性(0歳)
・保険料払込方法:10歳まで(月払)
・受け取り学資金総額:200万円
保険料月額返戻率
Ⅰ型15,732円101.7%
Ⅱ型15,900円104.8%
Ⅲ型15,540円107.2%

すべてのプランで返戻率は100%を超えています。
また、シミュレーションでは月払を選びましたので、保険料をまとめて支払うことでさらに返戻率が上がる可能性が期待できますね。

あくまで、シミュレーションですので、実際はライフプランナーに確認してください。

ソニー生命の学資保険へ加入する際のポイント

ソニー生命の学資保険に加入を検討していると、つい返戻率の高さに目が向いてしまいがちです。
ただ、加入をする際に見るべきポイントはそこだけではないのでご注意ください!

もちろん返戻率の高さも魅力のひとつなのですが、それ以外にもチェックするべきポイントをまとめました。

  • 学資保険のプランが,自分のライフプランに合っているか。
  • 学資金が受け取りたいと考えるタイミングにきちんと受け取れるか
  • 保険料は長期的に見て、無理なく支払っていけそうか

上記のような視点からも確認して加入をすることが重要なポイントです。

自分に最適な学資保険会社とプランを知るには専門家に相談が最短!

ここまで、人気の高いソニーの学資保険について解説しました。
返戻率は高いし、人気もありますが、家庭の状況によってそれは様々で色々な事情により最適な学資保険は異なります。

ソニーの学資保険だけにしても、この記事では解説しきれないことがたくさんあります。

専門家へ無料相談をおこなえば、無駄なくスピーディに最適な学資保険がみつかります。

相談は保険コネクトがおすすめ

hoken_toppage

専門家への無料相談や、保険会社の紹介には保険コネクトがおすすめ。

保険コネクトは保険商品を販売しているサイトではありません。数ある保険会社の商品を比較して紹介しているサイトです。そのため、しつこい勧誘などが一切ないことも特徴。最適な保険を探したいけど、よくわからない、保険の種類が多すぎて自分に合っているものがどれかがわからないなどという人にはぴったりなサイトです。

5年以上経験を積んだ経験豊かな保険スタッフが無料相談に乗ってくれますので、安心できます。保険の掛け金を増やさずに保障内容はもっと充実させたいなどの改善事例が多数。どんなわがままな要望でも保険コネクトに無料相談することで、実現できるかもしれません。相談は無料ですので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

相談は簡単

無料相談は簡単です。保険コネクトのwebサイトから現在の保険加入の有無や職業、生年月日など基本情報を入力するだけでおおよそ30秒で保険のプロとつながることができます。登録されている保険会社数は27社。生命保険や学資保険、法人保険や相続相談など取り扱い商品は多岐にわたっています。

生命保険
死亡保障医療保障ガン保険介護保険
積立保険一時払系保険学資保険個人年金保険
法人保険
生命保険損害保険
相続相談
相続相談全般

無料相談だけでもれなくもらえる!保険コネクトのキャンペーン

保険コネクトでは無料相談するだけで相談者全員にもれなくプレゼントキャンペーンを実施中です。キャンペーンの条件はwebサイトからの無料相談の実施もしくは、保険のプランナーとの面談を実施、保険コネクトのアンケートに回答するのいずれかを実施した方が対象です。

ただし、保険のプランナーが冷やかし目的やキャンペーン目的などと判断した場合には、キャンペーンへの応募は無効となりますのでご注意ください。その他詳しいキャンペーンの規定は保険コネクトのキャンペーンサイトをご覧ください。

キャンペーン対象商品
フィル&ゴー(ピンク)
フィルターインボトル
マルチディスペンサー(大)
リンスアンドチョップ
ライスボール
伊予の漣 今治タオルセット
はなみずき 今治タオルセット
ぶんぶんチョッパーSPDX

まとめ

今回は、学資保険で人気を集めている「ソニー生命の学資保険」についてその特徴やメリット・デメリットをお伝えしてきました。

  • ソニー生命の学資保険の魅力は返戻率の高さ。
  • ライフプランナーとの面談で最適なプラン設計を相談できる。
  • シンプルながら、様々なニーズに応えるプランがある!

このように、バランスよく、様々な魅力を持つ商品ということは確かです。
しかし、学資保険の加入の仕方には絶対的な正解がありません。

どのように教育資金を備えるのが自分に合っているのかをまずは把握して総合的に加入を検討してくださいね!

hoken_landing

【関連記事】学資保険は月々いくら払ってる?平均額と家計にあわせた適正額を徹底解説!
【関連記事】 学資保険のメリットとデメリットをしっかり解説!おすすめの学資保険TOP3を紹介
【関連記事】 【2019年最新】学資保険の加入は必要か?業界歴25年のベテランが伝えたい入るべき判断基準
【関連記事】 【2019年最新】学資保険はいつから入るのがいい?最もお得な加入時期を保険営業レディが教えます

広告
ソニーの学資保険を徹底解剖!人気の理由と加入時のチェックポイントを保険営業マンが教えます
最新情報をチェックしよう!