節約上手はみんなやっている!?節約するなら◯◯を使おう!

家庭の主婦にとって節約は永遠の命題ともいえます。常に節約を心がけても散財してしまう日もありますし、思わぬ出費もあることでしょう。

目的意識のない節約ほど苦痛はありません。節約するならまずは目的を明確に決めておきましょう。ここでは、節約上手はみんなやっている!?節約するなら◯◯を使う方法をご紹介します。

節約が失敗する理由

最初に多くの主婦が節約に失敗する理由を見ていきましょう。

目的意識がないから

目的意識がなく、ただ、安い物を買って少しでも家計の負担を軽くしようとはしていませんか?常に安い広告を見て、激安スーパーに足を運ぶだけでは節約は苦痛でしかありません。同じ商品を比較してできるだけ安い方を購入するだけではたかがしれています。

節約するなら目的を設定することが大切です。例えば、1年間で10万円節約し、浮いたお金で家族で旅行に行くなど、やりたいことや買いたい物を明確に決める方法。節約に挫折しそうになっても目的があれば、モチベーションを取り戻すことができるでしょう。

予定外の出費があるから

節約が順調なときに限って、急な出費がありイライラしませんか?例えば、夫から「今月歓送迎会が多くてお小遣い2万円追加で欲しい」と言われるなどです。今月は頑張って2万円は前月よりも節約でたと自負していても、意味がありませんよね。

渡さないわけにもいきませんし、浮いたお金も事実なので夫にお小遣いを追加で渡す必要があるでしょう。結果、節約ができない事態に陥ることはよくあります。節約上手になるためには予定外の出費はできるだけ抑えていくようにしましょう。

管理するべきお金が多いから

主婦が節約するべき項目は多すぎます。電気代、携帯代、ガス代、食費に雑費など。数えるとキリがありません。管理するべきお金が多い場合には、全てに目が行き届かず、電気代は節約できても携帯代が前月よりも多くかかったなどのミスが起こりがちです。何か一つに集中できれば節約技も磨いていけることでしょう。

欲求が満たされないから

そして主婦の大敵は節約ばかりにとらわれていると、欲求が満たされないことです。今月は節約が順調ではないからと、毎月参加していたランチ会は欠席しよう、などと意気込みどんどんストレスが溜まっていく結果になるでしょう。

ストレスを溜め込み過ぎると爆発したときが大変です。衝動買いを行い、節約どころか散財につながる恐れがあります。節約は楽しんで行い、ストレスを溜め込まないのが基本です。

節約するなら◯◯を使うべき理由

節約したいならどんどん旦那を使っていきましょう。実は2017年の楽天実施の「夫婦のお財布調査」アンケートの結果では家計の管理は夫が行っている家計ほど貯蓄額が多いと判明しているのです。

妻が管理している家庭では貯蓄額が平均792.1万円、夫が管理している場合には985.3万円という結果に。ではどうして夫が管理する方が節約上手になり貯蓄が増えていくのかご紹介します。

夫の急な出費を気にしなくてもいい

夫の急な出費が主婦にとっては困りごとですよね。夫が家計の管理をしていればその心配がなくなります。心配する急な出費は子どものお小遣いや自分の交際費だけ。その結果節約を上手に行うだけで順調に貯金できることになっていきます。

順調に節約できることでさらに節約への意欲が増し一層節約上手になってきます。何事も目標が達成された達成感ほど嬉しいものはありません。

例えば、ダイエット目標を作り、いくら頑張っても体重が減らなければやる気もなくなり挫折するでしょう。しかし、目標を順調に達成できればさらにダイエットの意欲が増し痩せる結果になっていきます。

節約もダイエットと一緒。順調に進むほどやりくり上手になっていくのです。

決められた予算で食費と雑費だけ管理すれば良い

夫が家計のやりくりをしてくれることで、妻は毎月一定額のお小遣いをもらうことになります。妻がもらうお小遣いで毎日の食費と洗剤やティッシュなどの雑費をやりくりするだけ。

これまでの雑多な管理項目はなくなり、注力するべき節約項目が明確になります。その結果節約意識が一点に集中でき、上手に節約できるのです。

妻の手腕で節約ができる

主婦が節約で楽しいのは食料品や日用品の購入でしょう。自分の工夫次第で毎日の食事にかかる費用を節約できるのは嬉しいですよね。それだけで家計の節約になっていくのです。

もらったお小遣いを節約し貯蓄に回せれば全ては自分が自由に使ってもいいお金です。これほど嬉しいものはありません。どんどん溜まっていくお金を見ることで達成感が生まれさらなる節約意識が高まっていきます。そして節約が楽しい趣味になっていくのです。

ストレスが溜まらない

夫が家計を管理してくれた方が妻にとっては楽ができます。その上自分だけ節約している…。とストレスを感じるシーンも少なくなるでしょう。

自分の手腕だけで節約ができるのでストレスがたまりません。夫という外的要因がなくなるのです。

男性の方がお金にこだわりがある

楽天のアンケート結果からもわかるように実はお金の管理は男性の方が上手だといわれています。妻のようにケチケチした節約上手ではないかもしれませんが、お金の管理やマネープランなどはお手の物。妻に頼られていると感じるだけでも男性は頑張って貯金してくれますよ。

もしも子どものいる家庭なら家庭円満にもつながります。「お父さんがお金を稼いでいるからお金持ちなのよ」と子どもに話すことで子どもは父親を尊敬しますし、夫も自尊心をくすぐられる結果に。円満家庭でも夫が家計の管理をしているケースが多いのです。

尊敬された夫は頑張って節約しお金持ちになろうとするでしょう。しかし、父親が母親にお金を無心している姿を子どもにみられた父親は節約に協力的ではなくなります。父親の威厳を保つためにもお金の管理だけは夫がすることがおすすめです。

節約のために旦那に家計を任せる方法

では、節約のために夫に家計を任せる上手な方法をご紹介します。注意点もありますから夫に家計を任せる際には心に留めておきましょう。

夫を信頼する必要がある

まず、妻が夫に家計を任せることに不安がある場合には夫が家計を管理するのは難しいでしょう。心配になり、夫に口うるさく指導してしまうからです。男性は自分の責任範囲に口を挟まれることを激しく嫌います。結果、夫が家計を管理することを拒否するかもしれません。

夫に家計を任せて節約上手になりたいなら夫のことを全面的に信頼しましょう。それが基本スタンスです。

細かいことはチェックしない

夫に家計を一旦任せたなら「電気代払った?」「今月はいくら貯金した?」「飲み会でいくら払った?」などの細かいチェックはしないことが大切です。信頼して任せたなら口うるさくチェックすることは控えましょう。

しかし、それでは不安だという場合には例えば半年に一回、貯金通帳を見せてもらう運用に最初からしておけばいいのです。男性には男性のやり方があります。

女性のように毎日のチラシをチェックして激安スーパーに走るのが美徳だとは考えていません。あなたが細かくチェックするべきは自分のお小遣い(食費など)の管理です。夫のやり方には口を挟まないようにしましょう。

お小遣いを追加でねだらない!

そして確実に留意して欲しいことはお小遣い制にしたなら最初から無理なお小遣いにはしないということ。予定を変更されると男性は女性よりも神経質になってしまいます。最初に妻のお小遣いが10万円と話し合ったなら、その後に追加で「今月苦しいの」などとは言わないでください。

賢いやり方は最初から少し多めのお小遣い設定にする方法。あなたが上手に節約すれば毎月2万円ほど貯金できる程度が適切です。

なぜ節約したいのかを忘れない

最後に大切なことは常に目的意識を忘れないことです。モチベーションを高めるような楽しい未来を思い描いてくださいね。それこそがストレスを溜めずに節約上手になる方法です。

節約上手になるためには旦那を大いに使っていきましょう。旦那がお小遣いをねだるから節約がうまくいかない、と感じている主婦は考え方を変えてください。

実はあなたよりも賢く節約し貯蓄を増やしてくれる可能性があります。節約を楽しんであなたの望む目的を達成していきましょう!

参考:楽天市場「家計の管理」に関する意識調査

最新情報をチェックしよう!
広告