節約はハードルを低くした方がうまくいく!

はじめまして!『ずぼらーだからミニマリスト!』というブログを書いています、あんみつと申します。

「ずぼらにはモノが少ない方が向いてる!」と思って断捨離したり、「家事苦手だわ!家の中でがんばりたくない!」と言って家事家電を購入したり、旦那との日常をゆるく綴っております。

アラサーになり、結婚して、あることが気になるようになりました。

そう、『貯金』です。

 watashinosetsuyakusama1-1watashinosetsuyakusama1-3watashinosetsuyakusama1-2 

老後とか、先のことを思うと「貯金しないといけないよなぁ…」という結論に達します。しかし、通帳残高を見るとつらい現実がわたしを襲います。

このままじゃいけない!よし、今日から節約だ!

あれもこれもやろうとして、息切れしてしまう

 watashinosetsuyakusama2-1watashinosetsuyakusama2-2 

「節約するぞ!」と意気込んでテンションが上がり、インスタで家計管理のアカウントをいっぱい見て影響され、無謀な目標を立てがちになります。

毎日毎食自炊してないところから、いきなり全部自炊!を目標にすると、3日でしんどくなって他に支障がでてきました。そして予算は半月で使ってしまいました。

完全に作戦ミスです。

 現状を把握する

家計簿をつけていない、何にどのくらい使ってるかちゃんと把握していなかったので、まずは1ヶ月家計簿をつけてみました。

今の自分の立ち位置を知ってから、作戦を立てるのです!

『家計簿アプリ』と『クレジットカード』を連携させると、現金とちがって履歴が残りますし、アプリのほうである程度分類をしてくれます。

家計簿も続かないわたしに合っていました。

わたしの場合、『食費』と『おこづかい』が予想よりだいぶ使っていたことがわかりました。

 watashinosetsuyakusama3 

まずは無理のない範囲から

 watashinosetsuyakusama4 

食費が4万かかっているのをいきなり2万にするのはとても難しいです。

また毎日自炊してなかったのに、いきなり自炊ばっかりというのも続かない原因になります。

『毎日お昼ご飯をコンビニで買う』→『毎日お弁当を作る』だとハードルが高いので、最初は『週2はお弁当を作る』とかくらいのほうが難易度はぐっと下がります。

『休みの日は、次の日のお弁当を作る』『仕事がある日の夕飯は鍋』などカンタンなルールから始めてみました。

節約はハードルを低くした方が続けやすい!

節約は今月だけやるものではなく、ずっとやっていきたいものです。

しかし、キツイと感じることはずっと続けられません。

地味ですが、ひとつひとつ無理のない範囲でやっていくのが長続きする秘訣だと思います。

それだと貯まっていく額も少ないじゃん?そうだね、そう思うよね。

でも前より貯まってたら進歩してるよねーーー!!

できたことにフォーカスして自分のことも褒めてくださいね!

 watashinosetsuyakusama5
watashinosetsuyakusama5
最新情報をチェックしよう!
広告