小さなこどもが喜ぶ!お金のかからない節約レジャースポットを紹介します!

こんにちは。
わたしはこいしさんと申します。
2人姉妹の母で、絵日記やブログを書くおばさんです。

わたしが「節約」について最も意識したのは、上の娘が生まれてからの数年間です。
しばらく仕事をせずに自宅で子育てをする日々だったので、どうやって出費を減らすか、ということばかり考えていました。

お金を使わない方法として一番いいのは、遊びに行かずにずっと家にいることです。

が!

小さなお子さんをお持ちの方ならきっと共感していただけると思うのですが、小さな子供とずーーーっと家に缶詰状態って、時に気が滅入るんですよね。

お金はかけずにちょっとしたお出かけや気分転換をしたい方に向けて、わたしが実際に子連れで遊びに行っていた節約レジャースポットを紹介します。

1、お弁当を持って海

koishi_1

わたしのゼロ円レジャーの定番は、海や公園に行くこと。
小さなお子さんをお持ちの方には特に海がおすすめです。

子供にとって、海は広い砂場のようなものです。
バケツやスコップを持って行くだけで、夢中になって遊びますよ!

遊具のある公園も楽しいですが、危険で目が離せなかったり、取り合いになったりと気を使う場面も多いので、小さいうちは遊具のない場所に連れて行く方が気楽で良かったです。

また、お弁当を持って行くとお昼の心配もせず楽しめます。
簡単なおにぎりやパンでも十分楽しいランチになりますよー!

2、地域のイベント

koishi_3

地域が企画しているイベントや教室は、無料であったりとても安価で参加できるものが多い印象です。
わたし自身も500円でできる子連れヨガや、小さなお祭りなど、娘といっしょに楽しめるイベントに参加していました。

イベント情報は地域の広報に載っていたり、図書館や役所などの公共施設にイベントのチラシが置いてあることが多いので、そういった場所に立ち寄った時にはチラシを必ず持って帰り情報を収集していました。

3、住宅展示場のイベント

koishi_4

住宅展示場は、集客を目的としたファミリー向けの無料イベントが多く開催されています。
将来家を建てる情報収集ができる上に家族で楽しめます。
ミニ動物園や、おかしのくじ引き、エアー遊具が設置されたりと、子供はとても喜ぶと思います。

また、平日はレンタルスペースとしてモデルルームを貸し出しているところもあり、ヨガやハンドメイド教室、簡単なクッキング教室など、大人も楽しいイベントが不定期に行われたりしています。

教室系はどれも500円から1000円程のものが多く、気軽に参加できる雰囲気でした!

節約中でも身近なレジャーを楽しもう!

「節約を頑張ろう!」とおもう時、まっさきに節約の対象になるのは最低限必要な衣食住のお金以外の部分ですよね。
とはいえ、我慢ばかりの節約生活はなかなか長続きしないのではないかと思います。

外食を控える代わりに簡単なお弁当を持って外出したり、遠出の旅行に行く代わりにワンコインのイベントに参加すれば、ちょっとしたレジャー気分も味わえます。

我慢の努力を、ちょっとした工夫やお得なイベント情報収集のほうに向けてみると、節約生活もちょっぴり楽しくなるかもしれません!

広告
koishi_eyecatch
最新情報をチェックしよう!