洋服代を節約したい!元ショップ店員が教える月1万円でオシャレを楽しむ法則

「あぁ、このコート可愛いなぁ…」「今月はこんな色や形がトレンドなんだ!」

街に繰り出せば、ショーウインドウに飾られるオシャレな洋服たち、雑誌にのるトレンドは季節ごとにどんどん変わっていきますよね。気づけばさっきまであったはずのお財布の中身は空っぽ…なんてことも。

「生活費や食費は削ってるはずなのに、洋服代でどんどんお金が減ってしまう…」という声は、全国の服好きさんには共通するお悩みではないでしょうか。

そこで今回は旅するノマドワーカーの私が実際に実践している「月1万円でオシャレを楽しむ法則」をお伝えしようと思います!ちなみに私の前職は元ショップ店員、アパレル歴は5年になりますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

 

持っている洋服の割合は、定番2:流行り1が正解。

まずは自分の持っているお洋服をドバッと広げてみてください。その中に「定番もの」と呼ばれるアイテム、「流行りもの」と呼ばれるアイテムはいくつ存在しますか?
その割合が2:1になっていれば、あなたの洋服選びは正解です。

逆に、定番アイテムが少なく、流行りものばかり選んでしまっている場合は「流行」に敏感であれど「自分に似合うアイテム」や「本当のオシャレ」については、まだまだ勉強不足かも?

流行アイテムというのは、はやいもので1クール、長くても1年がたつと忘れ去られてしまうもの。その流行アイテムばかりを買いだめしていては、出費も重んで当然です。しかも流行アイテムは季節ごとにも変わるので、1シーズンが終わるともう着る機会がない…なんてものも。

そうなる前に、自分の流行りアイテムとのバランスをもう一度見つめ直すことがオススメです。

洋服を買うときは、その服で4パターンのコーディネートができるかどうかを考える。

では、どうすれば定番服と流行り服の割合を2:1にできるのでしょう。その秘密は「洋服を買うとき」にあります。

ショッピングをしていて「これ、かわいい!」と思うアイテムがあったら、まずその洋服と自分の今の手持ちの服を合わせて、4パターンのコーディネートができるかどうかを考えてみてください。

例えば、白のニットを買おうとしているなら、「フェミニン、フォーマル、スタンダード、カジュアル」…自分の洋服ダンスの中を想像しながら、それぞれのコーデが組み合わせれるか?想像して、OKな場合に買うものは間違いなく「定番服」になります。

しかし、「1パターンしか組み合わせができない」という場合は要注意。

そのお洋服は、せっかく購入しても着る機会がほとんどないまま、押入れにしまわれてしまうかも…?

流行りもののお洋服であっても、買うときは最低、2パターン以上のコーディネートができるものに限定しましょう。これだけでも、ぐっと無駄遣いのお金が減るはずです。

 

定番ものは高くてもOK、流行ものはプチプラで統一しよう。

さらにいえば、4パターン以上合わせられる定番アイテムは、少し値段が高めでも大丈夫。月1万円と決めているなら、その約半分の5,000円くらいは一着にかけてもよいくらいです。

しかし、4パターン以上が見つからない流行りアイテムは、2,000円〜3,000円以内に収めるようにしましょう。

流行アイテムはどのブランドもこぞって出しているものになるので、プチプラショップでも販売されているはず。おすすめは流行ものに敏感な「GU」や「しまむら」などですが、最近でも手軽にネットでも買い物ができるので、検索して探してみるのもオススメですよ。

定番ものは長く使える良い素材のものを、流行ものや1シーズンしか着ないものはプチプラアイテムでお安く。これが、お財布の紐を少し固くするポイントです。

とことんオシャレしたい!一張羅アイテムは必ず一着用意しよう。

 

ここまで月1万円までの洋服の節約ポイントについてお話ししてきましたが、「急な結婚式」「オシャレなディナーデート」などに使える「一張羅」アイテムも必ず一着は用意するようにしましょう。

女子ならワンピース、男性ならオシャレな柄シャツといった具合に、一着だけ自分の大好き!と思える奮発した洋服があれば、「どうしてもこの日はオシャレしたい!」というときにわざわざ街に繰り出さなくても、そのアイテムを使って様々なコーディネートをすることができますよ。

ただし、ここでも節約するためのポイントを話すと「どうしても気になる洋服」は一度、メルカリなどのフリマアプリを使ってみるのもおすすめです。私も実際に、6,000円以上する高めのワンピースをその半額で手に入れたことがあります!

メルカリはもちろん中古アイテムになりますが、元値段が高いアイテムは購入者も大切に着ていたり、素材が良いものも多いので、見た目に汚れや着古した感じがでないものも多いのです。もちろん絶対新品がいい!という人はショップで一張羅アイテムを探してみて。

どうしてもオシャレしたいとき、ここぞ!というときの勝負服は用意しておいて損はないですよ。

女性ならピアス、男性ならバングルで「オシャレ感」は出せる!

「月に1万円なら、洋服だと安くても2・3着くらいしか買えないし、そんなので本当にオシャレを楽しめるの?」と思った皆さん、買うべきアイテムはもうひとつあるんです。

それが…女性ならピアス、男性ならバングルといった小物アイテム。

これには理由があって、まず初対面のときに、つま先から頭まで舐め回すように見てくる人ってあまりいませんよね?(笑)

カフェや面談でも、大抵人は対面で座りますし、そのときに目に入るのは上半身、つまり胸からの上のラインなんです。そこで「お?この子オシャレだな?」と思われるために必要なのが、ズバリ、顔周りを華やかに見せてくれるピアス。

揺れるものや、少し大ぶりなものから、ハンドメイドでつくられたこだわりのある作品まで、数個揃えておくだけでも、耳元を変えるだけで洋服全体の雰囲気、そしてあなた自身の印象もガラッと変えることができます。

男性なら、女子がよく見やすい手元にオシャレを集中させるのがポイント。

バングルはちょっとつけにくい・・・という人は、指輪もおすすめです。

男性の場合は大ぶりなものより、少し小ぶりなシルバーアイテムなどを選ぶと、どんなお洋服でもオシャレ度がぐっと上がりますよ。

ちなみに私もいつもポーチには数個アクセサリーを持ち歩くようにして、会う人の印象に合わせても変えるようにしています。洋服のバリエーションが少なくても、小物のバリエーションが多ければ、それだけでもオシャレは十分楽しめますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?これらが、私が実際に月1万円でオシャレを楽しんでいる方法です。

「え、本当にこれだけで、月1万円で楽しめてるの?」と言われますが、私もこの方法を知るまでは洋服に月3〜4万円を使うのが当たり前だったんです…。

しかし、現在キャリーバックひとつで地方を転々と旅をしながら暮らしていることもあり「本当に着る洋服しか持っていけない」状況になって初めて、「少ない持ち手の中でもどうオシャレを楽しむか」というところにポイントを持ってこれたのだと思います。

もちろん洋服は、あればあるほど選べる楽しみはありますが、実際に1シーズン毎日洋服を変えても、20着以上はなかなか着る機会がなかったり、頭の中で把握できなかったりするんですよね。「我慢」するのではなく「このコーデをどうやって映えさせようか?」考えるのも、新しい楽しみ方のひとつだと私は思います。

参考になるものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

ich_eyecatch
最新情報をチェックしよう!
広告