元営業が教える内装のリフォーム費用を安くするポイント

キッチンやトイレ、洗面台、お風呂など内装工事のリフォーム営業をしていた猫野きなこです。

古くなった水回りや壁紙などをなるべく安くお得にリフォームしたいですよね。

毎月ローンや学費に追われてなかなかリフォーム費用を捻出できず、「壊れてから考えよう」と思っている人は逆に損をしてしまうかもしれません。

今回は元営業として、リフォーム代を安くするためのポイントをいくつか紹介させていただきます。

リフォームをする年数の目安

reform_1

まず何年くらい経ったらリフォーム時期なのか、平均的なタイミングの目安を説明します。

リフォームする場所リフォームする目安
畳の表替え3~7年
壁紙の張替え10~15年
水まわり10~20年

使用頻度にもよりますが、畳は表面のイグサがささくれ立ってきたら表替えの時期になります。

タバコを吸う人は壁紙が汚れやすいため、張替える年数は短くなります。大きな地震があった場合は壁紙にひびや破れが起こりやすいので、色や模様のある壁紙で補修が難しい場合は張替えが必要になります。

壁紙の交換時期は新品のようなきれいな状態を保ちたいなら5~10年くらいで交換する必要がありますが、大きな穴が空くなどよっぽどのことがない限りは10~15年くらいはもちます。壁紙は水まわりの工事と同時にリフォームすることをおすすめします(理由については後ほど説明)

水回りは15年くらいがリフォームをする年数の目安になります。配管が劣化して水漏れが起こりやすくなり、その場しのぎで直しても他のパーツがまた悪くなる悪循環になってしまうので、不具合が出る前にリフォームを検討しましょう。

故障するたびに部品交換や修理をするのはお金と時間がかかります。15年前の部品は割高になっていたり、故障するたびに水道や電気工事の作業を手配する出張費がかかるからです。

最新のトイレやお風呂などの水回り商品は節水や節電の効果が高くなっているので、リフォーム時期を引き伸ばすよりもすぐに交換してしまったほうが節約になります。

内装リフォーム費用の相場目安

内装リフォーム費用の相場の目安をまとめました。

リフォームする場所リフォーム費用
キッチン60~150万円
浴室70~150万円
洗面15~30万円
トイレ25~40万円
壁紙(6畳)4~7万円

水まわりに関しては安いほど機能性を選ぶことができません。長く使うものなので、費用だけではなく使い勝手も重視して選ぶようにしましょう。

節電や節水効果が高い商品を選ぶと、毎月の光熱費を抑えることができるかもしれません。

私の家は一階のトイレを自動洗浄と自動で蓋を開け締めする高いものにして二階のトイレは節約して手動のトイレにしたのですが、一階のトイレが便利すぎて二階のトイレの不便さが際立ってしまい、同じトイレにしたらよかったと後悔しています。

水まわりに関しては毎日の便利さと快適さに直結するものなので、数万円の妥協で10年以上後悔するのなら多少無理をしてでも納得のいく商品を選ぶことをおすすめします。

内装リフォームを安くする3つのポイント

内装リフォームを安くするための3つのポイントをまとめました。

水まわりのリフォームはキャンペーンを利用する

reform_2

リフォームのキャンペーンはメーカーの協力で安くできる期間限定のセールです。

新商品の入れ替え時期の前にメーカーが在庫のキッチンやトイレ、お風呂、洗面台などの水まわりの商品を一定期間だけ大幅に値引きしてくれるのです。

水まわりが安くなる理由はメーカーによっていろいろあります。

  • 新商品の入れ替えのため在庫処分
  • 新商品を広めたい
  • 固定ユーザーを増やしたい

新商品でもメーカーの提案で仕入れ価格を大幅に値下げできる場合もあるで、キャンペーンは常にチェックしておくことをおすすめします。

リフォーム金額によって高価な家電製品のプレゼントや抽選でもらえるキャンペーンもメーカーによってあります。抽選でも人数が限られているので当選しやすいかもしれません。人数限定のキャッシュバックなども時期によってはあります。

水まわりが壊れてからでは商品の安さや快適さよりも『早く工事できること』が優先になってしまい、満足できるリフォームができない可能性があります。不具合が出始める前にキャンペーンを利用して時期が来たらリフォームすることをおすすめします。

ただし、年中同じキャンペーンをしている場合はあまりお得感は少ないかもしれません。

壁紙は水まわりのリフォームと同時に交換する

reform_3

壁紙(クロス)の交換は水回りのリフォームと同時にすることをおすすめします。

例えば洗面所の壁紙を交換する場合、洗面化粧台の脱着が必要になります。そうなると水道業者を呼ばなくてはいけないため、無駄な出張費用が発生してしまうのです。

洗面化粧台を動かさずに壁紙を貼ることもできますが、次に洗面化粧台の形や高さが変わると交換することによって壁紙の切れ目が見えてしまうかもしれません。

水回りの交換をするときは、その部屋全体の壁紙交換をすることによって水道・電気工事を1度で済ませることができます。床がクッションフロアの場合は壁紙と一緒にリフォームしましょう。

「キッチンの工事のついでにコンセントを増やしたい」という場合も壁紙の工事と同時にすれば割安で工事することが可能です。

逆にその時期を逃してしまうとずっと汚い壁紙のまま次のリフォーム時期まで我慢することになってしまいます。

新しい壁紙には吸湿やひっかき傷に強いものなど様々な機能性を選ぶことができます。湿気や猫の爪とぎにストレスを感じているならキレイにする目的以外に快適性をアップできる機能性壁紙を選んでみてはどうでしょうか。

私の家はひっかき傷に強い壁紙を使用していますが、猫が壁で爪とぎを全くしなくなりました。荷物を壁にぶつけてしまっても傷がつきにくいので廊下にもおすすめです。

私は花粉症なので寝室に花粉やダニを吸着する抗アレルゲン壁紙(アレルゲン抑制壁紙)を使ったのですが、ティッシュを使う頻度が劇的に減りました。寝る前はくしゃみと鼻水が止まらず、寝苦しかったのですが、今の寝室ではアレルギー症状が出なくなったので効果を感じています。

機能性壁紙は少し割高にはなりますが、10~15年近く利用するものなのでとてもいい買い物でした。

水まわりはまとめてリフォームする

reform_4

リフォームには電気工事と水道工事、大工さんなど、来てもらうだけで出張費がかかる仕事がたくさんあります。

お風呂や洗面所、キッチン、トイレなどを別々に工事すると来てもらうための費用で割高になってしまうのです。そのため、水まわり工事は一度にまとめて終わらせることによってリフォーム代を安くすることができます。

より安くしたい場合はメーカーを統一することが重要です。まとめてリフォームする金額が高くなるほどメーカーも値引きにも応じやすくなります。

逆にトイレはTOTO、キッチンはPanasonic、洗面化粧台はLIXILという感じでメーカーをバラバラにすると1つ1つの値引き金額は少なくなってしまいます。

キャンペーンでかなり安い場合は別ですが、「この商品じゃなきゃ嫌!」というほどの強いこだわりがなければメーカーを統一するのがおすすめです。

私は新築の時に水まわりはすべてPanasonicで統一しましたが、かなり安くしてもらえました。メーカーの中でも商品がたくさんあって選びきれないくらいなので、他のメーカーの商品すべてを見て選ぶのはかなり大変だと思います。

リフォーム業者の選び方

reform_eyecatch

リフォームは業者によって安くできるものとできないものがあります。

水まわりなどの商品は大手のリフォーム会社の方がメーカーがかなり安くしてくれます。逆に地元の工務店などは割高になる場合が多いです。

大工工事や壁紙の交換などは地元の工務店の方が安いかもしれません。大手のリフォーム業者は間に入る業者が多いため、マージンの費用が余分にかかるからです。

アフターフォローについては専門の部署がある大手メーカーが安心です。地元の工務店だと担当や社長の気分しだいで対応してくれない場合もあります。

水まわり商品についてはメーカーの補償が数年はありますし修理も可能ですが、水道・電気工事などは工事が終われば見えなくなってしまう部分が多いため信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

激安の大手の業者でもリフォームを始めたばかりの会社では、社内教育や業者の選定もできておらずミスや質の低い工事をされる可能性があります。地元で長く経営しているリフォーム会社を選ぶのが安心です。

まとめ

リフォームはまとめて工事をしたほうが安くできるので、日頃から貯金をしておくことが大切ですね。

家の寿命はメンテナンスによって長くも短くもなるので、優先順位を絞って長く快適に暮らせるようにリフォーム計画を立てるようにしましょう。

メーカーのショールームを見に行くと「このグレードにしたいならどれくらいお金が必要か」がわかるので、目的を持った貯金ができるかもしれません。

リフォームをすることによってこれまでの家事の負担を減らすこともできるので、家族で新商品を見に行くとテンションが上りますよ。

費用を安くすることも大切ですが、快適になることが一番重要だと思うので納得のいくリフォームをするためにリフォーム計画を早めに立てることをおすすめします。

広告
reform_eyecatch
最新情報をチェックしよう!