スマホ料金を節約したいなら格安SIMがおすすめ

家計におけるスマホ料金は意外に高額で家計を圧迫していると感じますよね。大多数の方はスマホ料金をもう少し節約したいと考えていることでしょう。

プランを見直してみたり、割引サービスを適用しても限界があります。

ここではそんなスマホ料金を少しでも節約したいと考えている方に向けて、格安SIMをおすすめしていきます。格安SIMは名前はわかってもどの程度節約になるのかわからない方も多いはず。詳細を見ていきましょう。

格安SIMってなに?

smartphone_saving_1

格安SIMとは、小型のICカードのこと。このICカードをスマートフォンやタブレット端末に入れて利用できます。

どうして格安なのかというと、通常のスマホは大手通信キャリアが独自の回線を敷設し、設備を整えてサービスを提供しています。そのため、この設備料金や人件費などがスマホ料金に含まれているのです。

しかし、格安SIMは大手の通信キャリアの回線を借りることで実現しています。つまり、自前で設備を準備していないといわけです。そのため、設備料金や人件費などが上乗せされない料金設定になっています。結果格安にスマホやタブレットを利用できるというわけです。

家電量販店などに格安SIMコーナーがありますよね?

格安SIMコーナーではICカードが売られています。現在契約中のスマホや専用端末に格安SIMを刺すことで格安にスマホを利用できるのです。その際にSIMロックを解除するかSIMフリー端末を利用する必要があります。もしくは、通信キャリアが同一の格安SIMを選ぶことになるでしょう。

au・ドコモ・ソフトバンクとの料金比較

smartphone_saving_2

では格安SIMがどの程度家計にとっての節約になるのかを見ていきましょう。大手キャリアの料金プランと比較した場合にどの程度の安さなのでしょうか。

キャリア3Gプランの場合(税抜)
au6,000円/月カケホ+データ定額+インターネット接続サービス
NTTdocomo7,000円/月基本プラン+3G定額プラン+インターネット接続サービス
SoftBank6,000円/月通話定額基本料+3G定額プラン+インターネット接続サービス
UQモバイル1,680円/月データ高速(3Gまで)+音声通話プラン
LINEモバイル2,570円/月音声通話SIM(3G)+10分電話かけ放題。
mineo1,510円/月(au)
1,600円/月(ドコモ)
1,950円/月(ソフトバンク)
データ通信+音声通話

大手キャリアと比較すると格安SIMを利用時には約3,000円〜5,000円の節約になることがわかりますよね。一人の利用でも毎月3,000円以上の節約になります。

家族4人が格安SIMに移行した場合には、1万円以上の節約も可能かもしれません。ただし、大手キャリアには家族割などもありますから、上手に計算して格安SIMに乗り換える必要があります。

格安simを契約するならどこがいい?

smartphone_saving_3

では、たくさんある格安SIMの中でもどの格安SIMを選べば節約に大きくつながるのでしょうか。できるだけ使い勝手を変えずに節約できると嬉しいですよね。

おすすめを紹介していきましょう。

格安sim3社のサービス比較

格安SIMの中でも大手3社に絞って比較を見ていきましょう。

最大通信速度と通信制限の比較
キャリア最大通信速度通信制限
UQ mobile・下り225Mbps(データ高速プラン)
・上り25Mbps(データ高速プラン)
直近3日間で6GB以上の利用で200kbpsに制限
LINEモバイル・下り375Mbps
・上り50Mbps
データ残量がなくなった場合に200kbpsに制限
ただし、LINEやTwitter、Instagram、Facebook、LINE Musicは通信制限対象外
mineo

・下り
au       958Mbps
ドコモ    988Mbps
ソフトバンク 612Mbps

・上り
au     112.5Mbps
ドコモ      75Mbps
ソフトバンク  37.5Mbps

・au
直近の3日間で6GB以上の利用で200kbpsに制限

・ドコモ
データ残量がなくなった場合に200kbpsに制限

・ソフトバンク
データ残量がなくなった場合に200kbpsに制限
オプションの比較
キャリアオプション内容
UQ mobile・かんたん決済
・無料公衆無線サービス(Wi2 300 for UQ mnobile)
・通話明細サービス
・端末補償サービス
LINEモバイル・10分電話かけ放題
・端末補償オプション
・通話明細
mineo・mineo Wi-Fi byエコネクト
・シニアパック
・ジュニアパック
キャンペーンの比較
キャリアキャンペーン内容
UQ mobile・電子マネーギフトもれなく3,000円分プレゼント
・ファミゼロ学割
・ご利用のスマホ下取りサービス
・UQ家族割
・データ容量+7GB!2年間無料キャンペーン
・イチキュッパ割
・DIGNOPhoneメール無料キャンペーン
LINEモバイル・SNS使い放題 新月300円キャンペーン
・ラキフェス第1弾スマホ基本料が10人に1人タダになるチャンス
・回線変更手数料無料キャンペーン
mineo・月額基本料金500円3ヶ月割引キャンペーン
・6GB・10GBコースがおトクに使えるキャンペーン
・人気オプション最大2ヶ月無料キャンペーン

どのキャリアでも充実のオプションやキャンペーンを実施中。中でもUQモバイルのオプションとキャンペーンは無料キャンペーンが多く魅力的になるでしょう。

また、通信速度や通信制限はそれぞれのキャリアで独自の通信制限値を設けています。制限にかかっても200kbpsは確保できるため、利用できないことはありません。また、データ量を追加購入することで高速通信を維持することも可能です。

おすすめはUQ mobile

節約の観点で格安SIMを選ぶならUQmobileがおすすめです。理由は通信キャリアに左右されることなく月額料金が安く無料キャンペーンが充実しているから。

またUQ mobileはauの関連会社ということがあり、通信速度が比較的に早いことも挙げられます。規格上のスペックと実効速度のズレがあまりないんですね。さらには、LINEモバイルなどではできない低速通信モードと高速通信モードの切り替えが簡単にできる特徴もあります。

https://twitter.com/nFlRG0bRR4VJR3x/status/1107864404354174976

ユーザーも通信速度やサービス内容に満足しているようですね。

節約の観点からもUQ mobileをおすすめしているユーザーもいます。

まとめ

smartphone_saving_4

スマホ料金を節約したいなら格安SIMに乗り換えてみませんか?毎月の節約に数千円という目に見える効果が期待できるでしょう。年額では相当な節約が可能です。

中でもおすすめはUQ mobile。乗り換えても大手通信キャリアと遜色ない速度が期待でき、格安SIMの中でも割安です。今日からあなたも格安SIMに乗り換えて節約上手になってみましょう。

UQ mobileを下記から申し込むと、キャッシュバックが13,000円もらえちゃいます!

格安SIMへの乗り換え意向は72.8%!?

節約をしようと真っ先に思い浮かぶのが「固定費」。その中でも通信費は、家族1人1人に加算されて費用が大きく膨れ上がるので、乗り換えをするだけで大きく節約ができます。

ですが「実際に乗り換えてみよう」と踏み出してみても、サービスが複雑でよくわからない・・・格安SIMって最近できたサービスだから通信環境が不安・・・と思いとどまっている方も多いのではないでしょうか?

ですが、UQmobileの場合、au・docomo・SoftBankなどの大手3キャリアと遜色のない通信速度を出しており、それでいて料金を抑えることが出来るので口コミも上々の格安SIMです。下記のページでは料金シミュレーションなども用意されているので、是非チェックしてみてください!

広告
smartphone_saving_eyecatch
最新情報をチェックしよう!