今入っている保険は最適ですか?定期的な保険の見直しをおすすめします

現在加入している保険はいつ契約したものですか?

場合によっては独身時代に契約したままだという方もいることでしょう。実は、保険金の見直しこそ日常の節約につながります。保険金は固定費ですから、確実な節約につながるのです。

今回は保険の見直しで節約したいと考えている方に向けて、今入っている保険が最適なのか?定期的な保険の見直しについてお話ししていきます。

保険の見直しをしてきていない方はこれを機会に保険金を見直してみましょう。

今入っている保険は最適ですか?

insurance_saving_1

今入っている保険は最適なものでしょうか。人によっては加入してから年数が経ち、保険の内容も正確には把握していないかもしれません。独身時代に加入したもので見直しをしていないケースもあるでしょう。

実は保険の制度は年々見直しがされているため、現在加入中の保険が最適ではなくなっている可能性があります。魅力的な保険商品も増えている可能性も。

女性の場合には、結婚や出産・育児など保障されたいシーンが生活によっても変わってきますよね。男性ならマイホームの購入や離婚、リタイアなどのタイミングでも必要になる保険の内容は異なるでしょう。保険の内容を見直すことで節約にもつながる可能性があります。保険の固定費を少しでも減らすことができたなら毎月の大きな節約になるでしょう。

反対に保険の保障が少ないケースでは万が一の病気や怪我、事故に遭った場合に、保険金が下りずに急な出費につながる可能性もあります。節約の観点からは予定外の急な出費は痛手になるでしょう。そうならないためにも加入する保険内容は常に最適な状態にしておくことが大切です。

ライフスタイルによって最適な保険は違う

最適な保険といってもどういうものが最適なのかがわからない方も少なくはありません。最適な保険とは個人のライフスタイルによってまちまちです。例えば、健康状態が芳しくない方なら、病気にかかって入院するなどのリスクが高いと言えます。お酒やタバコを嗜む場合でも同様ですよね。

また、独身の女性と既婚の女性でも必要な保険は異なります。子どもがいるのかどうかでも変わってくるでしょう。運転の有無や自転車に乗るのか、さらには職業によっても必要になる保険商品は変わってくるのです。

本当に最適な商品なのかを見極めるためには専門家による定期的な保険の見直しが必要になるでしょう。

定期的な保険の見直しが必要

insurance_saving_2

では、定期的な保険の見直しの方法ですがどのくらいの頻度で行うべきなのでしょうか。

■ライフステージが大きく変わるタイミング
■保険に関する法律が変わるタイミング

ライフステージが変わるタイミングで見直しを

ライフステージが大きく変わるタイミングとは、結婚や出産、子どもの入学、子どもの独立、子どもの結婚、マイホーム購入、離婚、リタイア、などのタイミングです。生活の節目で見直すといいでしょう。

例えば、子どもが小さいうちにはこの保険金では不安があると感じても子どもが独立した後には保障がここまではいらないなと感じるなどのことです。また、大きな怪我や病気などを患ったタイミングでも今後の備えのために保障内容を見直す必要があります。

ただし、保険によっては、健康状態によって入れない可能性もありますから、十分に確認が必要です。

保険法が変わったタイミング

保険に関する法律が変わるタイミングも保険内容を見直すべき時期です。保険に関する法律は数年に一回変更が加えられています。

もしかしたら古い保険のままでは損をしている可能性もあるということです。保険法が見直されたタイミングでも保険内容を見直して損をしないようにしておきましょう。

保険選びは専門家の意見を聞く

insurance_saving_4

何よりも大切なことは保険の見直しや保険を選ぶ場合には、専門家の意見を聞くということです。自分では、夫の死亡時には数千万円が必要だと感じていたとしても、実は貯金などと合わせて考えると、そこまで高額な保険金は不要だとわかる可能性もあります。

一般的な意見としても聞いておくと納得できるのではないでしょうか。

不要な特約などをチェックしてもらえる

専門家に意見を聞くことで、不要な保険の特約をチェックしてもらえるメリットがあります。女性特約などでは、出産に関わる特約などが付帯しています。しかし、すでに出産を終えた女性には不要なもの。特約を外すことで掛け金が安くなり、節約できる可能性があります。

その他、子どもの保険でもすでに子どもが成長していて不要になっているものがあるかもしれません。これらもあなたの生活スタイルや家族構成などを専門家に見てもらうことで、不要なものをチェックしてもらえるのです。

適した保障がわかる

適した保障なのかがわかる部分もたくさんあるでしょう。地震や災害に関する保障の場合には、持ち家があるのとないのとでは内容が大きく変わってきます。もしかしたら不要な保障に加入している可能性があるでしょう。

また、貯蓄の金額や、あなたの収入から過分な保障な保険に加入しているのかがわかります。反対に、保障が少ないケースもあるでしょう。万が一の備えのための保険ですから、有事に対応できなければいけません。最適な保障内容で契約できているのかを専門家に意見を聞くことは大切です。

相談は保険コネクトがおすすめ

hoken_toppage

専門家への無料相談や、保険会社の紹介には保険コネクトがおすすめ。

保険コネクトは保険商品を販売しているサイトではありません。数ある保険会社の商品を比較して紹介しているサイトです。そのため、しつこい勧誘などが一切ないことも特徴。最適な保険を探したいけど、よくわからない、保険の種類が多すぎて自分に合っているものがどれかがわからないなどという人にはぴったりなサイトです。

5年以上経験を積んだ経験豊かな保険スタッフが無料相談に乗ってくれますので、安心できます。保険の掛け金を増やさずに保障内容はもっと充実させたいなどの改善事例が多数。どんなわがままな要望でも保険コネクトに無料相談することで、実現できるかもしれません。相談は無料ですので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

相談は簡単

無料相談は簡単です。保険コネクトのwebサイトから現在の保険加入の有無や職業、生年月日など基本情報を入力するだけでおおよそ30秒で保険のプロとつながることができます。登録されている保険会社数は27社。生命保険や学資保険、法人保険や相続相談など取り扱い商品は多岐にわたっています。

生命保険
死亡保障医療保障ガン保険介護保険
積立保険一時払系保険学資保険個人年金保険
法人保険
生命保険損害保険
相続相談
相続相談全般

無料相談だけでもれなくもらえる!保険コネクトのキャンペーン

保険コネクトでは無料相談するだけで相談者全員にもれなくプレゼントキャンペーンを実施中です。キャンペーンの条件はwebサイトからの無料相談の実施もしくは、保険のプランナーとの面談を実施、保険コネクトのアンケートに回答するのいずれかを実施した方が対象です。

ただし、保険のプランナーが冷やかし目的やキャンペーン目的などと判断した場合には、キャンペーンへの応募は無効となりますのでご注意ください。その他詳しいキャンペーンの規定は保険コネクトのキャンペーンサイトをご覧ください。

キャンペーン対象商品
フィル&ゴー(ピンク)
フィルターインボトル
マルチディスペンサー(大)
リンスアンドチョップ
ライスボール
伊予の漣 今治タオルセット
はなみずき 今治タオルセット
ぶんぶんチョッパーSPDX

まとめ

insurance_saving_3

保険を定期的に見直すことで大きな節約につながります。とはいえ、自分だけで見直してみても最適な保険や保障内容かの判断は困難です。最適な保険の見直しには専門家に相談することをおすすめします。

自分にあった保険を見つけるためには保険コネクトを利用してみるといいでしょう。経験豊かなスタッフがあなたの保険を最適に導いてくれます。保険内容を定期的に見直してさらなる節約を実現してみてはいかがでしょうか。

hoken_landing

【関連記事】学資保険は月々いくら払ってる?平均額と家計にあわせた適正額を徹底解説!
【関連記事】 【保存版】学資保険の一括払いがお得な理由を簡単シミュレーションで解説!
【関連記事】 学資保険のメリットとデメリットをしっかり解説!おすすめの学資保険TOP3を紹介
【関連記事】 【2019年最新】学資保険の加入は必要か?業界歴25年のベテランが伝えたい入るべき判断基準
【関連記事】 【2019年最新】学資保険はいつから入るのがいい?最もお得な加入時期を保険営業レディが教えます

広告
insurance_saving_eyecatch
最新情報をチェックしよう!